数ヶ月前。

明け方に、夢を見ました。

 

あるグループが、アリーナ上で、ところ狭しとライブをやっているのです。

会場の熱気はすさまじかったですね。

 

僕は、そのグループの音楽プロデューサーをやっていました。

 

目が覚めると、すぐに、そのグループのひとりに電話をしました。

しかし、留守録だったのです。

 

「これは◯◯さんの電話でしょうか? こちらの名前をお伝えできず、申し訳ありません。折り返し、お電話をいただけますでしょうか?」

 

電話は、かかってきませんでした。

 

連絡を取る間が、しばらく続いてしまいますと、双方が電話番号を変わっていることも珍しくないため、このように、不審者のような形でメッセージを残すことがあります。

 

その夢も、突然であり、唐突だったのですが、僕には「そうなる」(大変な盛り上がりになる)という、確信がありましたので、迷うことなく連絡をしてみたのです。

 

先日、偶然、友人を介して、そのグループのひとりから「お会いしたい」と、連絡がありました。

 

正夢ってあるんですね。

 

そのグループの活動に際しましては、いろんな障害がありますので、彼らの熱意と、僕の確信で、目の前の道を切り開いてゆければと思っています。

 

ダメになってしまったときには、また、次の時期を考えればよい。

 

4月から、本当に忙しくなります。

自分の楽曲を書くよりも、面白い気がしています。

 

音楽で、世の中を幸せにする。

これに文句を言う人はいないでしょう。

 

ASKA

 

 

シードラーkaoliさんへ。

女子プロレス「シードリング」へのお誘い、ありがとうございます。

 

僕は、みなさんご存知のとおり、格闘好きですので、

比較的、時間のある今、非常に興味があります。

 

ただ、16日は、東京に居ないのですよ。

 

その辺りは、しばらく居りません。

 

いつか、タイミングの合った際には、ふらりと寄らせていただきたいなと思います。

 

プロレスリングに関しましては、いろいろ世間で語られていますが、ガチでもショーでも良いのです。

技とは、練習の成果です。

 

リアル格闘技には、先の読めないスリルがありますが、

それとは別に位置するものには、エンターティメントとしての面白さというのもあります。

繰り出す技の応酬に、唸る場面があります。

 

並の身体では、到底行えないラッシュがありますからね。

 

昔、力道山が、日本にプロレスリングを創設したときに、

戦争の敗戦で沈みこんでいた日本人に、多大なる勇気をもたらしました。

 

小さな日本人が、大きな外国人をバッタバッタと投げるわけですから。

僕の家には、もう物心ついたときにテレビがありました。

 

プロレスの時間になると、いつも、知らない人たちが我が家におりました。

街では、電気屋の前においてある1台のテレビに向かって、人だかりができていました。

それは街頭テレビと呼ばれていました。

 

僕の格闘好きは、3歳のころまでに植え付けられたようです。

「シードリング」ですか。

プロの肉弾戦、楽しみにしていますね。

 

 

ASKA

 

 

それから、

勘違いをして欲しくないところがあります。

 

今日の、自称ITジャーナリストも、とんだ間違いを発言しておりましたが、

バッテリーを外した携帯電話にはアクセスなどできません。

 

あの頃、僕はしばらく携帯のバッテリーを外して生活をしておりました。

が、ある日、それでも盗聴が始まったのです。

 

そんな時に思い出したのが。パソコンでした。

パソコンからやられていたのです。

 

つまり、バッテリーを外した携帯電話からやられていたのではなく、側にあったパソコンからやられていたということです。

 

僕がネットで1巻を公開したとき、同じような勘違いをされいた方が多かったのですが、あの1巻をコピーされておられる方は、もう一度読んでみてください。

 

僕は、そんなことは書いておりません。

読まれた方が間違えただけです。

 

結局、勝手に間違えた内容が広がり、僕の妄想と決めつけられてしまいました。

あの自称ITジャーナリストの発言は、その間違った書き込みを鵜呑みにしただけのことです。

 

ここは、ちゃんと説明させていただきますね。

 

ASKA

いろんな考え方があります。

僕は、この本を「告白本」「暴露本」とは、位置づけしていません。

 

これは「私小説」です。

 

「バイキング」のコメンテータで、自称ITジャーナリストは、本を読んでいません。

インターネット上の書き込みを、鵜呑みにしているだけです。

どこまでも浅いですが、それが、世の中なんだと思います。

これは、もう仕方がない。

 

僕の盗聴盗撮は、薬物と出会う2年前から始まりました。

その2年間を、妄想と決めつめるのには無理があります。

 

パソコンは数台持っていますが、遠隔操作により、2月には、2台のパソコンのログインパスワードが書き換えられてしまいました。

それらのパソコンは、思うところがありまして、現在、修理に出していません。

 

これまでネット接続をしていなかったパソコンで、これを書いています。

 

昨年は、さる機関に、

「絶対にネット接続だけはしないでください。」

と、パソコンを差し出したのですが、機関はネット接続をしてしまいました。

 

証拠のデータは、すべて消去されてしまいました。

それは、向こうも認めています。

大丈夫です。バックアップをとってありましたので。

 

まぁ、気長にやって行きます。

いろんなことに、しっかりと答えを出せるようになってきました。

 

僕への肯定者は、富みに増えてきました。

あの頃とは、もう違います。

 

ただですね。

目の前には、音楽の仕事が山のように積まれていますので、

まずは、それをやることがいちばんです。

 

可視光線、エルフ、ASKA「Too many people」発売記念特別回・・・。

 

隠れていないで、堂々とやれと言いたいのです。

 

もうすぐだ。

 

ASKA

 

 

 

 

 

カラオケ

カラオケ

 

 

むしろ歌った後で後悔することの方が多い

勝手にイントロが流れマイクを手渡されるのだ

 

行かなければ済む話なのだが

付き合いというものはその隙を与えてはくれない

 

他人が歌っているのを見るのは楽しい

そこには責任がないからだ

 

お酒の席は嫌いじゃないが

カラオケはどうしても好きになれない

 

出し惜しみしているのではない

心と身体がすり減ってしまうのだ

 

もっと気楽に受け入れれば良いのだろうが

軽く歌って「こんなもんか」と思われたくはない

 

もともと聴き手との距離が近いほど

緊張は増す

 

その昔

デビューしてまだ間もない頃だった

ステージを終えた後

知り合いに連れられてスナックに行った

 

そのスナックは僕が訪れることを知ったお客さんで満杯だった

まだ対応など慣れていなかった頃だ

みんな色紙を持っていた

 

僕はひとしきりサインを書き終わると

翌日のこともあり席を立とうとした

 

そのとき僕の曲のイントロが流れ出したのだ

ステージで歌った後は急速に喉が冷えてゆく

まして冷たいものを飲んだ後では歌えない

 

僕はマイクを持たされたまま

苦笑いで断り続けた

 

カラオケは1番を終わり2番になった

お客さんは手拍子をする

 

そしてとうとう最後まで

ひとフレーズも歌わないまま曲は終わった

満員のお客さんたちの不満顔が見える

 

店を出るときだった

ママさんから手を握られ

「応援はしていますが、本当に感じが悪かった。

うちの店のカラオケでは歌えませんか。

こんなにファンが集まっているのに」

と真顔で言われたのだ

 

集まったお客さんから見れば

本当に感じの悪い行為だっただろう

僕は謝罪をして店を出た

 

カラオケにはトラウマがある

よほどのことがない限り歌うことはない

 

歌うときは真剣だ

ステージの上だけでいい

明日、また「あの日」をくぐり抜けるのですね。

昔の人たちも、自らの経験を未来の僕たちに伝えようと、一生懸命だったのだということを、震災の後に知りました。

 

ここまで津波が押し寄せたのだということを、いろんなところに記していました。

 

しかし、時代はいつも新しいことを優先してしまいます。

昔の人たちの記したものを、新しいことが塗りつぶして行きました。

 

それでも、戦争だけはやってはならないということは、受け継がれています。

間もなく、その「語りべ」も、この世から居なくなるでしょう。

 

あの当時の、悲しみや苦しみの温度の100%を、僕たちが未来の人たちに、語ることは無理です。

どんなことも、伝え聞いたことでしか、ないのですから。

 

人の世とは、儚くも、そういうものなのでしょうね。

 

幸せの向こう側に悲しみがあるように感じてしまいますが、

幸せと悲しみはセットなのだと思います。

風にめくられるときもあれば、自らめくるときもある。

何が起こっても不思議はない時代の延長上に、未来があります。

 

「今、時代が変わった」という、感覚は、誰もが持っているのでしょうが、「今、風化が始まった」とは、決して思いません。

 

伝えられるところまでが、その時代を生きている人たちの役目なのでしょう。

 

明日で、7年目です。

彼が、学生であるならば、大学4年生になるのですね。

もう、何度観たかわかりません。

 

素晴らしい「答辞」でした。

Youtubeで観ることができます。

 

卒業式・東日本大震災

 

これは、伝えるべき作品だと思うのです。

 

ASKA

アイドル。

アイドル。

好きですよ。僕は。

 

世の中には、なくてはならないものだと思っています。

時代の象徴として、常にアイドルがいます。

 

アイドルとミュージシャンに線を引いて、ミュージシャンを「本物」と、呼ぶ傾向が常識となっていますが、

 

「アイドルには勝てないなぁ・・・。」

 

と、いう気持ちがいつもあります。

 

それを、いちばん強く感じたのが、東北の震災のときでした。

僕は、常々ステージでも語ってきましたが、あのとき僕は、動けなくなってしまったんです。

この国の誰もが、同じことを考えていました。

 

「自分にできることは、何かないだろうか・・・。」

 

この国が、紛れもなくひとつになった瞬間でした。

 

そんな時、被災地の、とある体育館に、「AKB48」が、現れたんですね。

沈みかえっていたこの国に、元気の泉のように現れました。

あの時、被災者となっていた、小、中、高生の顔は忘れません。

本物と呼ばれている、どのミュージシャンにもできないことを、一瞬にしてやってのけました。

 

本当に、思いましたねぇ。

 

「この国に、この時に、AKB48がいてくれて良かった。」

 

アイドルもプロです。

世の中を喜ばせるのに、アイドルもミュージシャンもありません。

 

そこに居る人を幸せな気持ちにする。

 

そんな音楽を作っていきたいなと思っています。

だって、

Beatlesは、世界中のアイドルですから。

 

ASKA