読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀でした。

50歳から剣道を始め、72歳までに六段を取った方でした。

とにかく剣道に情熱を傾け、少年少女剣士の育成に、生きがいを持たれた方でした。

 

僕は、もし癌になったとしても、あの単体治療だけは、絶対にしません。

 

しかし、この国の癌患者の99%は、あの単体治療を勧められます。

 

興味深い話があります。

 

医者に、

 

「もし、あなたが癌になった時には、どういう治療を選びますか?」

 

例えば、100人の医者に、その質問をぶつけると、90人以上の医者が、「あの単体治療はやらない」と、答えます。

即答です。

 

しかし、癌患者は藁をもすがる思いで、宝くじ当選くらいの確率しかない、あの単体治療を選びます。

 

今日、僕が葬儀に参列したその方も、あの単体治療を選んでしまいました。

 

僕の母は、2年前の3月に「余命3ヶ月」と、診断されましたが、僕はその場で、あの単体治療を拒否しました。その後、2年間、生き続けてくれました。

 

以前より、知っていた癌の治療薬を、僕は韓国から取り寄せ、母に飲ませつづけたのです。韓国では、治療薬として認可されており、処方箋があれば手に入れることができます。

 

この国に癌の治療薬はありません。

認められていないのです。

 

「癌に効く薬だ」と、紹介した瞬間に、犯罪となってしまいます。

 

なので、その薬をここでお伝えすることができません。

しかし、それはサプリという位置付けで入手することができます。

 

そのサプリの名前を、お伝えできないのが、本当に苦しい。

人の免疫力を飛躍的に高めるものなのです。

 

寄生虫は、ある生物に寄生して命をつなぎます。

寄生された生物は、命を落とします。

 

しかし、きのこはそうではありません。

きのこには木に寄生しながら、木と生命共存する種類のものがあります。

 

「癌を排除するのではなく、身体の中で共存させるということができないものだろうか?」

 

とある医療グループは、そこに着眼しました。

2000年頃のことです。

 

もう、すでにそのきのこは、そういう謳い文句で密かに広がっていますが、一般的には、まだ、認知度が低い。

 

癌細胞を移植した実験用マウスを用いた動物実験によって、そのきのこ多糖体の癌予防効果が明らかになっています。

 

ここでは、あくまで「癌予防効果」としか、書けません。

 

一般的に、全てのきのこは免疫力を高めると言われていますが、その研究グループが発見したきのこは特別です。

 

単体治療薬アドリアマイシンと、そのきのこを併用すると、アドリアマイシンの副作用(脱毛、体重減少、嘔吐)が現れず、癌細胞が減り、生命が著しく延長されることが分かっています。

 

 

先ほども書きましたが、

飛躍的に免疫力を高めるきのこです。

 

僕の、書いた文章は、僕の知識だけのものではありません。

癌で苦しんでおられる方、家族の方々に、検索をしてもらえないものだろうかという思いで、綴りました。

 

文章の箇所箇所を拾ってみてください。

 

もう、今や、癌は遺伝体質のものではありません。

誰もがなってしまいます。

 

残念なことに、そのきのこをしても、末期となれば効果がないようです。

 

葬儀中、そのことばかりを考えていました。

この国では、癌を治す薬が存在してはならないのです。

 

やるせない思いです。

僕たちの自由は、囲いの中の自由です。

 

ASKA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お⤴️っはよーございます。

PV「と、いう話さ」

みなさんに気に入ってもらってよかったです。

 

次のPVのことで、ちょっとバタバタしておりましたので、状況を把握しておりませんでした。

昨晩、友人から「LINE News」で、絶賛されているとの連絡が入りました。

 

素直に、嬉しいですね。

 

二日間で、すでに20万回を超える再生回数。

 

これは、現在174万回再生の「FUKUOKA」と、同じような勢いですね。

 

Youtubeのコメントも読ませていただきました。

僕の音楽を知らない若い世代が、たくさん聴いてくれています。

 

これは、予想外のアクションでした。

 

次のPV公開は、5月下旬を考えておりましたが、

思うところがありまして、数日後、5月の頭にシフトチェンジしました。

 

今、本当に身軽です。

ありがとう。

 

ASKA

 

 

 

 

と、いう話さ

僕は、25年以上前に「この先音楽業界は冷えて行く」と、ステージで語りました。

何が、そう思わせたのか。

 

「楽曲自体がビジネス的な価値を失って行く」と、捉えたんですね。

 

それは、音楽業界の体質が、世間に迎合して行っていると感じたからです。

 

「世間に振り向いてもらわなくてはならない」

「世間が、もっと喜ぶサービスをしなくてはならない」

 

世間に、歩み寄り過ぎたのです。

 

「世間が喜ぶこと」

 

とどのつまりは、音楽を無料にすることに近づいってしまったのです。

音楽業界は、世間の表情ばかりを伺い、自分たちが、どこを歩いているかわからなくなってしまったんですね。

 

そのしわ寄せは、アーティストに来てしまいました。

今、アーティストで、楽な生活をしているのは・・・、これは表現が違いますね。

今、アーティストで、音楽のことだけを考えて過ごせているのは、ほんの一握りの人たちだけです。

 

音楽をやりたい人たちは、たくさん居る。

しかし、音楽では食えない・・・。

 

音楽業界は「権利ビジネス」という名に侵され、本来、楽曲を製作したアーティストに還元されるべきものまで、他が侵食してます。

 

今、本来の形に戻さねば、やがてアーティスト(ミュージシャン)は居なくなるでしょう。

 

そのうち、企業の宣伝広告のツールとなっていくのではないでしょうか。

 

「年俸◯◯円で、ウチ(会社)の企業イメージとして活動してください。著作権は、会社が頂きます。」

 

世の流れに乗ることと、大流に飲み込まれるのでは、意味が違います。

音楽で食べていくことを望むならば、アーティストが革新を抱くのは「今」しか、ありません。

 

アーティストは、誰も「個人商店」を持つ時代に入っています。

これに関して、ここで深く語るのは色々危険が伴いますので、これを読んでいるアーティストは、この「個人商店」という言葉に、気づきを持って欲しいなと。

 

今回、アルバムをリリースする上で、僕は先行シングルを出しませんでした。

 

「これらの曲が入っているアルバム」

 

ではなく、

 

「このアルバムには、これらの曲が入っている」

 

という、一見同じようで、違う概念の行動です。

 

僕は、リリースしたアルバムを長く意識してもらえるよう、今回、アルバムから、

次々に楽曲を紹介しようと考えています。

 

と、いう話さ。

 

https://youtu.be/DJOnHRgGyoc

 

 

ASKA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

密談。

今日は、夕方から3人の弁護士と最終に近い打ち合わせをいたします。

 

僕は、悪いことをしてしまいました。

これには、自分擁護、弁解はありません。

 

それに関して、様々なことが世の中に流れました。

メディアのみなさんも、ある程度の取材をした上で、情報公開をしたのでしょうが、

物事の考察、そして側面には「良く受け止めよう」「悪く受け止めよう」、このふたつがあります。

 

そして、記事にはもうひとつ、「広がって欲しい」という、願望があります。

 

更に言うと、「広げてしまえ」という、愉快犯のような表情を持った心理が加わったものがあります。

 

今、僕は四つの案件を抱えています。

 

すでに、時間が経ってしまっているので、「もう、どうでもよいではないか」と、思われている方も、いらっしゃるでしょう。

 

僕は、生まれつきの性格なのか、一晩寝ると、二晩寝ると、

嫌なことは薄れていきます。

 

なので、他人に攻撃心を抱き続けることが上手ではありません。

よく母から言われました。

 

「あんなことがあったのに、なんでオマエは、また普通に仲良くできるのか?」

 

そうなんですよね。

しかし、それは生まれ持ったものなので、変わりません。

答えようがないのです。

 

そんな僕ですが、昨年末の出来事からは、「目をつぶらない」「つぶってはならない」

ものがあるのです。

 

以前、このブログで、

 

「法的措置を施す」

 

と、いうようなことを、お伝えしました。

 

 

そして、あれから随分時間が経ってしまいました。

しかし、この長い時間には理由があります。

 

四つの案件では、例え、どこをどう突かれても、どう切り抜けようとされても、

「そうはさせない」ための用意を充分にしなくてはなりませんでした。

すべて、勝たなくてはならないのです。

 

今日、最終的に、それが整うとういうことです。

 

せっかく、沈静化していることを、また表面化させることになりますが、

この四つの案件に関しては、僕個人だけの問題ではありません。

 

僕が黙っていると、また同じようなことが繰り返されるでしょう。

 

僕個人の問題ではないのです。

 

ASKA

 

 

スタジオからです。

「Too many people」の配信が、決まりました。

 

5月5日から、

 

iTunes」「amazon」「レコチョク

「dミュージック」「music.jp」「Google Play

 

に、おいて始まります。

 

なんだか、ここまで来れたって感じですね。

 

台湾は、

 

5月10日リリース予定となりました。

 

みなさん、どうもありがとう。

 

ASKA

 

 

そこは倉庫でした。

今日は、久しぶりにASKAバンドが勢ぞろいいたしました(残念ながらコーラスはいませんでしたが・・・)。

 

またもや、ミラクルだったのです。

全員、今日しかスケジュールの空きがなかったんです。

みんな、互いに近況を報告し合っていました。

やっぱり、このメンバーは圧巻ですね。

 

この詳細は、25.26日あたりにお話します。

 

 

f:id:aska_burnishstone:20170422013223j:plain

 

 

ASKA