読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おはよう。

おはよう。

 

4日間で、現在「603,779」アクセス。これまで、ブログやツイッターをやってこなかった僕には、これが多いのか、少ないのか分かりません。肯定も否定も、すべて受け入れ「それでも僕は」という姿勢で、文字を綴っています。

 

CHAGEに謝罪してください」。う〜ん・・これは、ごめん。みんなの前で、見せたり、報告するようなことじゃないなぁ。メールでは、

 

「オマエが活動していることは嬉しい。心から応援している」

 

と、送りました。アイツはアイツで、今、自分の立ち位置、活動をセルフプロデュースしています。これは、僕がどうのこうの言うことではありません。ただ、ソロ活動の景色が大きくズレてしまったことは感じています。しかし、それはアイツが考えること。僕は、見守ることしかできません。奇しくも、ブログを始めた日が、CHAGEのテレビ出演だったことは、みなさんのコメントで知りました。頑張れCHAGE。負けるな自分。という気持ちでしょうか。

 

そう言えば、昨日、お昼頃にテレビカメラが家の周りに居たなぁ。メディアはメディア(週刊誌も)で、毎日、毎週ネタを提供しなくてはならないので、自分たちの仕事に必死なのです。このブログを知ったメディアもいます。結局、目を引くような内容、タイトルしかつけません。

 

僕は、テレビ出演があまり好きではありません。出演するときは、歌を歌うときだけです。過去「笑っていいとも」(MCだけの出演)というのは数回ありましたが。あれも、シングルリリース日を選んで、プロモーションという形で向かいました。そうでなかった時は、世の流れを感じ取った時の出演でした。

 

テレビは、大きなプロモーションとなりますが、些細なことでバッドプロモーションにもなります。長い間、活動を続けていられるアーティストは、テレビ出演を極力抑えて活動している人だけというのは、お気づきになられているでしょう。曲には、イントロからエンディングまでの起承転結があります。テレビサイズでは、楽曲が死んでしまいます。「2分半で」「3分で」と、交渉されると、直ぐに気持ちは萎えてしまいます。それでも出演するときは、「ここぞ」と、いう時にだけです。最大のアーティストプロモーションは、行き着くところライブです。僕のライブスタイルは、1本の映画を観たような気になってもらえるよう構成しています。このライブの主役は、どの曲かということを、とても大事に考えています。そこに向かうために、曲順もデリケートに並べています。いつも、リハーサル終盤まで曲順には悩みます。主役の楽曲を印象づけるためです。聴かせたい楽曲、観せたい楽曲は「これだ!」に全てを注ぎます。「あの鐘を鳴らすのはあなた」です。嘘です。

 

今、みなさんにお聴かせしたい新曲は「通り雨」という楽曲です。フランス映画のような心地よさを感じてもらえるはずです。「楽曲制作は急がないでくれ」というコメントがありましたが、3日で完成する曲もあれば、1週間経っても完成しない曲があります。どの曲にも妥協はありません。何度も語ってきましたが、曲は振り向かせるため、歌詞はその曲を長く聴いてもらうため。「UNI-VERSE」は、歌詞だけで、1ヶ月かかりました。メロディに対して、文字数の制限がありますので悩むのです。散文詩は制約を受けません。詩は色感。歌詞は語感です。

 

現在、マッキ−と小笠原が忙しい時期に入っていますので、楽曲制作は一休みしています。散文詩を書いていると、心が落ち着きます。いくつもの出版会社からアプローチを受けていますので、時期をみて、纏めて発表したいと考えております。

 

一日、家に閉じこもりっきりですが、病院でライフスタイルとなった筋トレは、続けています。今、胸囲は1m20cm。ウエストは65cm。体重は60キロ。

 

 

 

嘘です。

ASKA