読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 

歩く人が歩かない

歌う人が歌わない

語る人が語らない

世の中はすっかりそうなってしまった

 

誰しも自分が可愛いのだ

痛みを避けながら今日を生きてる

それを責めることは誰にもできない

 

口を開くときには

包帯を用意してから言葉を投げる

 

偉大さを求めてはいない

心の隅では騒ついているはずなのに

革命が革命を拒絶している

 

反逆者のような目をして

挨拶をしてくる人がいる

僕はその目を見逃さない

 

だが

それは正解なのかもしれない

争わないために身につけた防衛なのだ

 

言いたいことは言うのだと

言い放つ人がいる

思ったことを伝えるのとは違う

 

その人の美学なのだろうが

僕には苦手な人でしかない

 

言葉は上手に使わなくてはならない

感情を表す手段ではない

 

遠い戦場の兵士の指先に触れる

引き金のように慎重にならなくてならない時がある

 

水の光が生きてるみたいに伝えたい

心の余白がいっそう白く感じるように伝えたい

 

僕には

言葉の裏側に刃物を忍ばせる人に言いたいことがある

 

あなたは歩く人ではないと

あなたは歌う人ではないと

あなたは語る人ではないと