読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルネイ王国

1996年頃だったかなぁ。当時、アジアツアーを敢行していた僕らに、ブルネイ王国からライブの依頼があったのです。ブルネイは、天然ガス資源で成り立っている国であり、国民は税金がないという裕福な国です、興味が沸きました。

 

早速、スタッフはブルネイと連絡を取ることになるのですが、特殊な環境でのライブのようでした。オーディエンスが50人程だというのです。内容は、こうでした。ブルネイ王国の王族がオーディエンスであると。つまり、王族親戚一同だけの前でパフォーマンスするのだということが分かりました。

スタッフは、強力にライブを勧めて来ました。ギャラが破格なのです。記憶は少し曖昧なのですが、一昨年はマイケルジャクソンが60億円でやったと。前年は、ティナターナが48億円で。本当に、驚きました。そこに呼ばれるということは、大変名誉なことなのです。スタッフは、熱く語ってきました。どうしてもやりたかったようです。僕たちは、言いました。

 

「では、50億円くらいいただきますよ」

 

返事は、すぐに帰って来ました。

 

「いいですよ」。

 

迷いますよねぇ。2時間半ほどのパフォーマンスで50億円ですから。ライブにかかる費用。ステージセットなども含めて、全て王国が持つというのです。少なくとも、そんな条件は、過去経験したことがありません。

しかし、僕たちはお断りいたしました。

 

「お金を基準にライブをやるようなことはしたくない」と。

 

カッコいいでしょう?

今、思うんです。

 

 

 

 

 

「あのー、そろそろいいですよ・・」と。

ASKA