自信と過信

自信と過信

 

 

人前に立つことは難しい

堂々となりきって見せることは

自分に酔うこととは違う

 

僕は腹八分という言葉が嫌いだ

限りなく10に近づいていたい

 

胸に潜んだロックの静寂が聞こえるか

胸に弾けるバラッドのシャウトが聞こえるか

 

上手くやれているという自負は無い

いつもいつでももの足りない

 

実の評価より強気になること

実の評価より弱気になること

共に大きな間違いだ

 

僕の心を

通訳無しで伝えたい

 

古き時代に生まれたものは健康的であり

新しい時代に生まれたものは病的である

 

もし賢者が正しいことしかしないなら

愚か者には絶望しか与えられない

 

勝手に育った理由と信じすぎた自由は

ときに恐ろしい不幸をもたらしてしまう

 

自信と過信は紙一重なのだから