これから僕にできること

これから僕にできること

 

 

そうか

東京を離れちゃうんだ

 

君とはそんなに頻繁に連絡を取り合う関係ではなかったけれど

電話くれてありがとう

 

お父さんの会社を継ぐことになったのか

音楽を諦められるかい

 

こんなこと僕が言うことではないね

もう君は決心のもと話してくれているのだろうから

 

東京は便利すぎるからなぁ

1日にバスが数本しか走らないところで

君が満足できるか

それが心配

 

田舎でゆっくりと生活がしたいという言葉の裏側を

どうしても切なく受け取ってしまうんだ

 

都会は人が多すぎて住みづらいとみんな言うけど

心の底ではそんなこと思ってはいないはず

 

僕は東京好きだな

この街に住んで35年以上経つけど

僕の故郷は開発が進んでね

街の真ん中に置いてけぼりされたら

自分がどこに居るのかもうわからない

 

君はそれを選んだ

応援するよ

 

君が会社を経営するからといって

音楽を止められるとは思っていない

 

いまはインターネットでどこからも発信できるから

東京に拘る必要はどこにもない

 

長い付き合いだった

これからも連絡くれないか

 

これから僕にできること

都会で起こったいろんな土産話を持って

君の訪問客になること