読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルマンギア

実は、僕はあまり車に興味がありません。車にお詳しい方は○○気筒、○○CCエンジン搭載、トルク、サスペンション・・。○▽☂※☆△□#・・。

そんなの、どうでもよくって・・。

 

ただ、好みはあるようです。流線型。ここに惹かれるようです。なので、ジャガーを好みました。現在のジャガーは流線型がなくなってしまいましたので、以前ほどの興味はなくなりましたが、ジャガーファンとなってしまいましたので、新しいのも購入してしまいましたが。

 

そんな僕が、昔から気になる車がありまして。偶に見かける車の雑誌などで、「あれっ?」と思う車がありました。

 

「この車何?」

「カルマンギアって言うんですよ。」

「へぇ・・。」

 

それから、また数年後、またまた気になる車が現れました。

 

「おっ!この車何?」

「これですか?カルマンギアです。」

 

またまた、カルマンギアでした。それ以来、その車が頭の中に入ってしまいました。しかし、買うことはないだろうと。カルマンギアは1955年に製造された車です。オールドカーです。なので、中古車センターでしか、手に入りませんし、もうボロボロになっているものが殆どです。でも、惹かれたんですよねぇ。

外形が好きなんです。あの曲線がたまらないんです。それを、敢えて「顔」と呼びましょうか。その顔にやられたんです。もちろん、排気筒などへの興味はありません。

 

CHAGE&ASKAに「vision」という楽曲があります。そのプロモーションフィルム撮影の時でした。目の前に一台の車が現れました。一目惚れです。

 

「こ、この車何?」

「カルマンギアですよ。」

 

この車と縁を感じました。撮影では僕が運転することになるのです。ドアを開け、シートに座ります。決して乗り心地はよくありませんでした。オールドカーなので、操作はオートではなく、マニュアルでした。それでも、良いんです。

巡り会った恋人のような気持ちになりました。しかし、撮影後は、また普段の生活に戻り、カルマンギアのことは忘れていきました。

 

仙台に友達がいます。彼は、車のディーラーをやっていました。ジャガーを手に入れたのも、彼からです。色は、ブリティッシュグリーンでした。それはもう、大のお気に入りでした。その彼に、ふとカルマンギアのことを話したんです。

 

「えっ!?ASKAさん、カルマンギアが好きなんですか?それはつうですねぇ。」

「いやいや、車のことはまったく知らないんです。あの顔と言うか、スタイルが好きで・・。」

「僕のよーく知ってる車屋さんが、カルマンギアの専門店でね。紹介しますよ。」

 

話の流れで、カルマンギアを購入することになりました。どうせ、買うのだったら、あり得ないことを注文してみたのです。

 

「外見だけカルマンギアで、エンジン、内装は現代仕様になりませんか?」

「うーん・・。それはどうでしょう。一応、相談してみます。」

 

数日後、返事がありました。

 

「そんなオーダーをされるのは初めてです。」と。しかし、「やってみます。これは、カルマンギアの新しいビジネスになるかもしれません。」

 

3ヶ月後に届くとのことでしたが、納入されたのは半年後のことでした。

カラーはブラックで、新車のようでした。ピカピカなのです。内装は、従来のカルマンギアのままでしたが、とても中古には見えませんでした。

 

「すごいですねぇ。新車じゃないですか?」

「開発チームが、これは新しいビジネスにしようということで、8台のカルマンギアを、1台にしたんですよ。」

 

値段ですか?

5千万円。

 

嘘です。

 

5千万円引く4千700万円。

つまり、300万円ほどで手に入れることができました。

開発チームの心意気、新しいビジネスへの試作品ということで、破格の安さで制作してくれました。エンジンはフォルクスワーゲンのいちばん新しいエンジン。本来ならあり得ないマニュアルからセミオートマ(クラッチが無い)、クーラー、そしてナビゲーション付き。

 

カルマンギアマニアの方たちから言わせれば、そんなのカルマンギアではないと、言われそうですが、いいんです。現代に蘇ったカルマンギアですから。あの形、あの顔の車で街を走るのが好きです。ネットでは、マニアの方たちが、

 

ASKAさんを、カルマンギアメイトに入れよう。」

 

と、言ってくれています。ありがとうございます。どうぞ、仲間に入れてください。

 

これは、またまた偶然なのですが、宮崎駿さんと「ON YOUR MARK」でコラボしました。みなさんにはお馴染みの作品です。あのアニメの中で、ふたりが乗っている車。カルマンギアなんです。僕のところへ来るべくした車なのだと思っています。

ASKA