創る者

創る者

 

 

壊れた光を修理した

破れた空を縫い合わせた

 

群衆に放つ言葉は

大統領の演説のようだった

勇敢な夜明けを迎え

パレードな1日を送り

ピラミッドのような眠りについた

 

という英雄の結末は

「孤独な余生を送った」と締めくくられることが多い

 

信念を貫くことは生きる理想だが

絶えず戦いに飲み込まれるものだ

 

生涯という政策は巧みにやらなければならない

ときに夢は心の解毒剤であらねばならない

 

想像という仕事には紹介がない

 

一日じゅう怠けているのか

一日じゅう働いているのか

実のところよくわからない

 

ビスケットを齧りながら飢えている

コーヒーを飲みながら乾いている

 

毎度発想には限界があって

自由という名の強制収容所に閉じ込められてしまう

解放への糸口をいつも探しているのだ

 

必死に自分の顔を掴み

自分が誰であるのか知ろうとする

 

指の隙間から流れ出した川を

人は涙と呼んでいる

 

泣くことは誰にでもできるが

泣けてしまうとは

本当に強いものだけに与えられた勲章だ

 

ロスタイムでゴールを決める

サッカー選手のような喜びを求めていたい

作品を創る者として