未来に告ぐ

未来に告ぐ

 

 

容易く夢を見せてはならない

希望と親友面してはいけない

 

祈りを配下にしてはならない

可能と不可能を同等に扱わなければならない

 

誰にでも訪れる顔をしてはならない

処刑者に未来はあるか

 

未来が科学を導くのではない

科学が未来を切り開くのだ

 

昇る太陽を味方につけてはならない

太陽には帰るところがある

人はそれを沈むと呼んでいる

 

未来は過去を持つが

起こった責任は持たない

 

全能の神には未来は必要ない

すべてを知り、すべてを持っているからだ

 

だが

人間に未来は必要だ

生きてゆくためには信じるものがなくてはならないからだ

 

未来に告ぐ

人間の純粋を利用してはならない