隼人さん

隼人さん

 

 

隼人さんの身体は男だったが

心は女だった

 

どこまでも気の優しい人だった

恋人と別れるとお店に出てこなくなる解り易い人だった

 

あちらのことはよく分からないが

少数派の世界では

恋人を失うことというのは大変なことらしい

 

3日も4日も塞ぎこむ

「隼人さん、またらしいよ」

この一言でみんな状況を察知した

 

沖縄の出身で琉球グラスをこよなく愛する人だった

 

その昔

隼人さんは東京からオネエ軍団を引き連れて

沖縄でのライブを観に来たことがある

帰郷も兼ねて観に来たのだ

 

ライブでの盛り上がり方は常軌を逸していて

僕たちが怖くなったのは想像いただけたと思う

 

翌日

お礼も兼ねて「兄妹」織り交ぜてゴルフコンペをやった

隼人さんは年上なのに僕のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ

コンペに際し「お兄ちゃん」から一言約束があった

「キャディさんに知られると僕たちが疑われるから

キャディさんの前では決して素性がバレないように」

 

オネエ軍団は声を揃えて

「押忍!」

と言った

そして1番ホール

「じゃぁ、〇〇からね、行ってみよう!」

「押忍!」

第1番ドラーバーショットは

「おりゃー!」

から始まった

 

でもこの約束には無理があった

3番ショートホールで 

もはや始まったのだ

 

オネエのひとりが空振りをした

「おりゃー!いや〜ん!」

隼人さんが咳払いをする

みんなキャディさんを振り返ったが無表情だった

 

次のホールでも

「もう!なんでっ!バッカン!」

とやり始めたのだ

薄々感じ始めていたキャディさんが声を上げて笑い出した

隼人さんは

「おっらぁ!いくぞー!」

と頑張っていたのだが

お兄ちゃんは約束解除を発令した

伸び伸びやらせて上げたくなったのだ

 

「うっそー!? お兄ちゃん、いいのー?」

僕は無言で顔を縦に振った

 

その後のホールはすざましい展開となった

あちらこちらでオネエ言葉が炸裂している

キャディさんは大喜びだった

 

その後の光景はもう覚えていない

 

ゲームを終えてキャディさんにチップを渡そうとしたとき

「こんなに楽しい仕事は始めてでした

私たちがチップを差し上げていいですか」

と言われた

 

隼人さんが逝ってからもう何年経つだろう

肝臓を壊しては病院に入る日々が続いていた

「ダメだよ」

と再三言ったのに

お客さんに煽られるとウケ狙いで

ウィスキーの一気飲みをしてしまうのだ

 

最後はとうとう肝臓がカチカチに硬くなり

そのまま別の病気を併発して逝ってしまった

 

もくもくとひとりで生きて来た隼人さん

恋人を失って打ちひしがれることがなくなった隼人さん

もう従業員の生活を心配しなくてもすむようになった隼人さん

男気のあるオネエのような男の中のオネエだった隼人さん

 

隼人さん

東京の空は今日も晴れていますよ