感謝

感謝

 

 

あれはまだ僕がすっかり子供だった頃

やがて向かわなくてはならない大人という未来に

夢と夢を無関心に重ね合わせ

絶望のない恐怖に駆られていたものだ

 

痛みを感じたというそれだけで流れてしまう涙の先に

泣いてはいけないという大人があった

 

巡るめく春夏秋冬

 

やがて僕は大人になり泣かなくなったが

そのかわり

いつも自分がどこにいるのかわからなかった

 

少女と過ごしたレンゲ畑は

いつのまにか心の景色から消え去り

幸せとは何だろうと考えるようになっていた

 

沈んでゆく島のように氷砂糖の欠片を水に落としてみる

それは小さな「く」の字型をしてコップの底にたどり着いた

きっと迷ったのだ

 

いつも僕は自分の未来が不安だった

なぜにこんなに傷つきやすいのだろう

 

手を叩いたら始まり

手を叩いたら終わる

そんな人生の囲いの中で今日を生きてる

 

くだらない事実と

ヤキのまわった現実に身を委ねたが

それでもやっぱり居場所がわからなかった

 

昨日をくぐり今日をまたぎ

明日を越えてゆく

 

そうやって誰もが生きているのだと悟った時

僕は運命を愛おしく感じることができたのだ

 

その気持ちを忘れないよう心の中に印形を押して

先の見えない未来にもそっと感謝をするのだ