読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はしつこいのです。

先日、完成した「FUKUOKA」ですが、どうしてもガットギターを入れたくなり、急遽、移動、そしてスタジオに飛び込みレコーディングをしました。

古ちゃん(古川昌義)が、駆けつけてくれました。

これで、完成です。

Mix Downは11日から始まります。

そして、CDにするためのマスタリングという行程です。

 

f:id:aska_burnishstone:20161008031435j:plain

 

ホントにお上手でした。

古ちゃんは、少し前、アメリカへ語学留学をしていたのですが、日本から訪れたアーティストにスタジオに呼ばれ演奏したのです。

驚いたのは、アメリカのプロデューサーでした。

彼のプレイに魅せられたプロデューサーは、古ちゃんをスタジオミュージシャンとして招くようになります。

英語の勉強よりも、スタジオ作業の方が忙しかったようです。

今、彼は帰国して絢香ちゃんのツアーを回っております。

早速、ライブを観に行くことになりました。

僕が、日本のアーティストのライブを観に行くのは、

アンジェラ・アキちゃん以来です。

楽しんで来ようと思ってます。

注)写真で古ちゃんが抱えているのは、やはりASKAバンドのコーラス、一木君のフルアコです。

いやぁ、イイ夜でした。

ASKA