少し、気になってること。

「愛してる。」

 

と、言わなくても愛は伝わる。

 

「ごめんね。」

 

と、言わなくても気持は伝わる。

 

言葉は、伝えるための道具。

どんなに上手く装備しても、伝わらなくては、ただの道具。

 

今、世の中では、僕を庇う様相を見せながら、

特定の人たちを攻撃している人たちがいる。

ただの道具を使って。

 

きっと、それは、たくさんの人たちがそう感じたから。

 

「ごめんね。」

 

僕に、それが届かなかったのを、たくさんの人たちが敏感に感じたから。

心は波動。

たどり着くもの。

 

水際の小石が、コロコロとさざなみに巻き込まれながら、

陸に届き、そして空気に触れることができたとき、

やっと、それを摘むことができる。

 

水の気持ちを陸が知るとき。

 

たくさんの人たちが、道具を使って、小石を動かすような振りをしてるけど、

水面からでは、決してできないこと。

 

声を上げて、空の顔をして、

景色の主役のようになって、僕を庇ってくれなくてもいい。

 

言葉は、ただの道具。

伝わらなくては、意味がない。

「表情」と「心情」は、似てるけど、

伝わるのは「心情」の方。

 

景色となって、僕を庇ってくれなくてもいい。

きっと、それは、

社会という海、湖の表面を彩った

「いじめ」

にしかならないと思うんだ。

 

みなさんが、僕の歌を聴いてくれていることで、僕は幸せ。

みなさんの波動が、ちゃんと届いているから。

 

言葉は、ただの道具。

伝わらなくては、意味がない。

 

こんな簡単なこと。

だけど、難しい。

 

それはね、

言葉に、優しさが宿っているか、いないかの違い。

 

それを感じたら、

自然に、扉は開く。

 

「愛してる。」

 

より、

 

「ごめんね。」

 

を、伝えることの方が難しい。

 

「伝える。」

「伝わる。」

 

それが、できたら、

人は、微笑むように教えられてる。

できている。

 

ASKA