読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小山田君、ありがとう。

若い世代の音楽に疎い僕だけど、君の歌は知っています。

君の発した(敢えて発したと言う)繊細な言葉のファンであることを述べておきます。

 

「革命」

 

は、本当に素晴らしい。

 

これから、どこに向かって流れていくのかわからない音楽業界。

しかし、僕には音楽業界が向かわねばならない、いや、アーティストが向かわねばならない場所が少しだけ見えています。

 

音楽には国境がないと言います。

僕らは、それを肌で体験してきました。

 

例え、音楽に世代観はあっても、

線のように区切られた世代というものはありません。

 

気持ちの良いものを気持ちがイイと素直に思える心に、

「音楽の生まれる」「音楽を生む」

季節、風景、風が備わっているのだと思っています。

 

いつか、語り合いましょう。

それが、公の場所でも、隠れ家のような場所でも構わない。

 

僕は、あまり公開反省はしたくありません。

反省と努力は見せるものじゃない。

 

やがていつか、ひとつを形成したときに、形成することができたときに、

それを語られるように、生きて行きたい。

 

僕は、若いミュージシャンと出会ったときに、必ずこの言葉を投げかけます。

 

「一緒に、頑張りましょう。」

 

一緒に、頑張りましょう。

 

ASKA