読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんな考え方があります。

僕は、この本を「告白本」「暴露本」とは、位置づけしていません。

 

これは「私小説」です。

 

「バイキング」のコメンテータで、自称ITジャーナリストは、本を読んでいません。

インターネット上の書き込みを、鵜呑みにしているだけです。

どこまでも浅いですが、それが、世の中なんだと思います。

これは、もう仕方がない。

 

僕の盗聴盗撮は、薬物と出会う2年前から始まりました。

その2年間を、妄想と決めつめるのには無理があります。

 

パソコンは数台持っていますが、遠隔操作により、2月には、2台のパソコンのログインパスワードが書き換えられてしまいました。

それらのパソコンは、思うところがありまして、現在、修理に出していません。

 

これまでネット接続をしていなかったパソコンで、これを書いています。

 

昨年は、さる機関に、

「絶対にネット接続だけはしないでください。」

と、パソコンを差し出したのですが、機関はネット接続をしてしまいました。

 

証拠のデータは、すべて消去されてしまいました。

それは、向こうも認めています。

大丈夫です。バックアップをとってありましたので。

 

まぁ、気長にやって行きます。

いろんなことに、しっかりと答えを出せるようになってきました。

 

僕への肯定者は、富みに増えてきました。

あの頃とは、もう違います。

 

ただですね。

目の前には、音楽の仕事が山のように積まれていますので、

まずは、それをやることがいちばんです。

 

可視光線、エルフ、ASKA「Too many people」発売記念特別回・・・。

 

隠れていないで、堂々とやれと言いたいのです。

 

もうすぐだ。

 

ASKA