読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃ノ木。

その木は、庭の隅に立っています。

隣人との境界線である塀のこちら側で、奇麗な枝を伸ばしています。

その木が幼木であったころは、すまさそうに立っていたのです。

 

そのはずです。

家族4人は、当初、その存在に気づいてなかったからです。

誰も植樹したものはいませんでした。

 

その木が「桃ノ木」だと、気づいたのは、もうずいぶん大きくなってからのことでした。

 

家族は、みな、不思議がっていたのです。

「桃ノ木」が、自然に生えるなんてことはありえないからです。

 

ある日、僕は気がつきました。

 

その日、テラス側の戸をあけ、庭を眺めていました。

小脇に「さくらんぼ」の入ったお皿をおいて。

 

自分の行為で気がついたのです。

僕は、食べ終わった「さくらんぼ」の種を、庭に投げていました。

 

そうなんです。

 

その昔、同じことをやりました。

食べ終わった桃の種を庭に投げたことがあるのです。

 

「どうせ、この種は土に帰るんだ」

 

そんなことを思っていました。

確か、桃の種を庭に投げたのは、雨が降っていた日だったのです。

 

その投げられた種は、雨に打たれ、少しずつ土中に入っていったのですね。

そして、人知れず根を張り、自分の生きる場所を確保したのです。

 

25年ほど前に、実家は建て直しをしました。

そこで、話題になったのは、その「桃ノ木」を、どうするかということでした。

 

なぜだか、それを切ってしまうことも、他に移すことも考えられなかったのです。

その生命力に目映さも、儚さも感じたからでしょう。

 

新築した家は、その「桃ノ木」と、古井戸を避けるように建てられました。

 

「桃ノ木」は、毎年、実を結びます。

その実は、僕らの口に入ることはなく、野鳥が予約していたかのように、啄んで行きます。

 

その昔、人知れず、すまなそうに立っていた「桃ノ木」ですが、

今では、家族の一員のように、堂々としています。

 

人は、順番に命をつないで行きます。

やがて、父も、この世から居なくなるでしょう。

 

僕も妹も、この家を離れましたので、

いつかは、この土地も他人のものになるでしょう。

 

ふと、考えるのです。

 

この土地を手にすることになる人へ。

 

この「桃ノ木」は、残していただきたいなと。

 

僕たち、家族の想いです。

 

ASKA