読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2008年ごろだったでしょうか・・・。

その頃、僕は、地震のことばかりを考えていました。

心のどこかに、

 

「とんでもない地震が訪れて、嘗てないほどの津波が日本を襲う」

 

と、方々に語っていたのです。

会報などでも、何度もお伝えしていました。

 

「とにかく、非常食だけは用意しておいてください。」

 

と。

 

日本を牽引するベンチャー企業の方々の前でも、力説をしたことがあります。

 

「海岸の防風林の強化をお願いいたします。間隔に広さのある松では防げません。竹のようにしなりのある木を堤防のように埋めつくしてください。竹は、約1年で成木になります。津波が民家を襲う時間を遅らせることができます。」

 

おおよそ、この考えは間違いではありませんでしたが、竹などでは、到底凌ぐことのできない津波が東北を襲いました。

 

みなさん、「桃ノ木」にたくさんコメントをしていただきました。

 

植物の生命力は、とてつもなく強いですね。

 

世界で緑化運動が高まっていますが、世界の二酸化炭素のコントロールには、実のところ、あまり大きな意味を成さないと思っています。

 

植物も一生懸命に生きています。世界の植物が、いたるところに広がれば、CO2は軽減できると考えがちですが、そうではないでしょう。

 

植物が、世界に密生すると、CO2を吸う量は少なくなるはずです。逆に、植物が少なければ、CO2を吸う量が多くなる。

それだけです。

 

自分たちが生きてゆくための、空気中の成分をコントロールします。なので、植物が多くても少なくても、自分たちが生息しやすいように、一定の成分を守るための運動をします。

 

もっとも、多すぎても、少なすぎてもいけませんが・・・。

 

「伐採によって環境が破壊」と、危機を訴えていますが、実のところ、まだまだ、それほど影響はないというのが僕の持論です。

 

みんさん、ご存知のように、僕はSFが好きです。

建造物は、人が住む、または使うことによって長持ちをします。

不思議ですよね。使わない方が長持ちしそうですが、そうではないようです。

 

この地球から人が居なくなると、建造物はたちまち崩壊していきます。あっと言う間に、植物が地球を覆ってしまいます。

植物の生命力は、とんでもなく強いのです。

 

みなさんに、お見せしたい動画があったのですが、見つかりませんでした。

 

「人が、この地球から居なくなると」

 

と、いうようなタイトルでした。

代わりに、これを見つけました。

 

「日本の ドキュメンタリー人類滅亡シミュレーション、人が居なくなったら地球はどうなるのか」

 

「人類滅亡」は、置いといて、

 

人が居なくなったら地球はどうなるのか」

 

ここに、話の焦点を合わせてください。

植物の生命力には、目を見張るものがあります。

 

ASKA