読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉足らずでした。

「伐採において、環境破壊はそれほどない」

 

とは、人間生活においてでした。

突き詰めると、動物が人里に向かってくることになりますので、人間生活にも影響はありますね。

 

僕は、CO2との兼ね合いについて書いたつもりでしたが、配慮が足りませんでした。

 

申し訳ありません。

 

いづれにせよ、どんな環境破壊においても、

生命体は、その時その時を生き抜いて行きます。

 

なぜか?

 

死なないためです。

 

命の終焉は必ずあります。

そこには、砂漠というものが待っています。

 

僕たちの文明は、4回目とも、5回目とも言われています。

 

恐竜時代に、人間の足跡が発見されています。

科学は、それを認めません。

 

認めると、すべてが根底から崩れてしまうからです。

 

検証できたことだけを事実と認識しています。

また、僕たちは、そう植えつけられてきました。

 

僕たちの周りは、解明できないことだらけです。

たった1万年前のことでさえ、わからないのですから。

 

想像は、常に科学の先にいます。

 

ASKA