突然、身震いしながら鳴り出すスマホを見つめる私とマッキー。

「はい。」

「もしもーし!!アカが!アカがー!アーカーがー!」

「アスカですが・・・。」

「とっー!トッー!トォー!」

「今、東京です。」

「とー!とれないぃぃイーーーー!!!!!」

「なーんだ? メッケンか(笑)」

「わ、笑って・・・る・・・わネ・・・。」

「いったい、どうしたっていうんだい?」

「マー!マーー!まぁー!!」

「マッキーと一緒です。」

「まっかっかぁーなのーー!!!!」

「お、教えなさいよっ!!!!」

「1958年2が」

「だ、誰が、ま、真夜中にたんじょーび聞くのよ!!!!」

「福岡県おおのじょ・・」

ーやめなさい!!!!知ってるわよ!!大野城市でしょ!!!」

「◯✖️%🔲&△$ッK=〜🔶#””#H(+』PUUーーーーー!!!!!」

 

プチ・・・。

 

「なんや、叫んどりはりましたなぁ?」

「ああ。とりあえず切った。マッキーにも聞こえた?」

「眉間の筋も、よー見えました。」

「困ったもんだね。真夜中に。」

「最後の悲鳴はなんどす?」

「なんかね。ペイントの落とし方を教えろって言ってるんだと思う。」

「真夜中に、堪忍どすなぁ。」

「バラまいてやるって興奮してるんだよ。」

「なにをどす?」

「オレの、Red昼姿を・・・。」

「赤どすか?」

「ばら撒かれてもなぁ・・・。」

「メッケンはん、PUUーーーって叫ばはる時は用心どすえ、イレブン兄はん・・・。」

「朝までに、なんか動きがあるかもしれないな・・・。」

「くわばらくわばら・・・。」

 

ASKA