定年

僕の多くの友人たちは、今年「定年」を迎えます。

もちろん、定年後も働くことができるやつは「居残り」の制度というものがありますが、収入は半分以下になります。

 

僕の父は「自衛官」でしたが、父の定年は「51歳を迎える前日まで」でした。

僕のデビュー後でした。

 

隊員たちが、敬礼で横一列になったその前を、最後の制服を着て、

口を真一文字にし、涙で歩いていた光景を覚えています。

 

僕の友人のほとんどは、定年後の職が決まっていません。

「60歳」か・・・。

 

僕は、笑われるでしょうが、

自分は、まだ「40歳半ば」のような感覚しかありません。

 

知らないことばかり。

やれていないことばかり。

 

今後、どんなことがあろうとも、

僕の定年は、

 

「この世を去る時」

 

そんな気持ちでいたいなと思っています。

 

 

ASKA

広告を非表示にする