「ULAS(ユーラス)」仮サイトが開設となりました。

僕の仕事は、本サイトの開設まで。
7年間、「Ulas O3」の開発に時間を費やしてきました。

それは、もうみなさんが知ってくれています。

もともとは、
自宅で買っていた犬「メイリン」のシャンプーから始まりました。

月に2、3回シャンプーをしていたんですね。
シャンプー・カットで7000円と記憶しています。
きっと、ウチは回数が多かったと思っています。

「ペット産業」なんて言葉もあります。
そのビジネスを壊すつもりはありません。

多くの人は「犬」「猫」が大好き。
しかし、動物アレルギーの方もいらっしゃいます。

「動物が嫌いなんて」

などの言葉より肩身の狭い思いをされてこられたのではないでしょうか?
アレルギーなのだから、これはもう、どうしょうもないんです。

そのアレルギーのほとんどの原因が「動物の体臭」だということを知りました。
敏感な方は、新居を探すときに、

前の住人がペットを飼っていたかまでわかってしまいます。

そのときに思い出したんですよね。

「すべての匂い、そして除菌をしてしまうことができるのはオゾンだ」

と。

しかし、「オゾン」は、身体に有害です。
それでもこう思ったのです。

「オゾンを使うではなく、オゾンを利用する方法があるのではないか?」

と。

すぐに以前よりお付き合いのあった研究家に連絡しました。
随分と模索しましたね。

その間に、僕は事件を起こしてしまいましたが、

そこは割愛させてください。

母が、余命幾ばくもないときでした。
僕は、母が他界するまでの1ヶ月間、

母の側にいてあげることができたのです。

 

そのとき、あの小さくなった母を看護師さんが3人がかりでお風呂に入れている光景に出くわしました。

とても大変なお仕事だと思った。

その時に、もう一度思いました。
確信しました。

「もし、オゾンが活用できたならば、看護師さんたちの重労なお仕事を軽減させてあげることができる」

メイリン」と「母」の出来事が重なり、
僕を、よりいっそう「オゾン」に向けました。

その後、「オゾン水」に出会いました。
もうすでに発見されていたものでした。

これだ・・・。

そこから、本日の仮サイトまで、長い年月が経ちました。
周りからは、なかなか理解してもらえず、
たくさん、たくさん反対をされましたが、

僕には、なぜか成功するという確証があったのです。

必ず、これは成功する。
なぜならば、世の中のために役立つものなのだから。

そうして6年がかりで、「Ulas O3」の試作品が完成したのでした。
そんな時に、人類が「新型コロナウイルス」に巻き込まれました。

すぐに思いました。

「地球上の細菌、ウイルスならば、オゾンの前では無力じゃないか」

と。

そこからが、また大変でした。
いちミュージシャンが、化学の分野に知識もなく踏み込もうとしてるのですから。

ただ、僕は運が良かった。
知りたいことに、すぐにたどり着くことができた。
本当に、奇跡としか言いようのない巡り会いが続きました。

不思議ですよね。
根っからの「文系」の僕が「理系」の分野に足を突っ込んだのですから。
知りたいことだけを、たくさん知ることができました。

僕は、このブログで何度も語ってきました。
現実は、自分が創り出してるのだと。

ならば、僕の世界の現実を創ればいい。

今からお伝えする「仮サイト」のページでも書かれています。
「Ulas O3」は、医療界とつながろうとしています。

僕の現実では、もう繋がってるし「Ulas O3」によって世の中は変わる。

今、僕には、新しい人との出会いがあり、
「Ulas O3」を信じて、頑張ってくれてます。

スタッフは海をも越えてつながり、みんな頑張ってくれています。

必ず、成功する。
そして、世の中は、必ず元に戻る。

もう、ここまで来れました。
今、頑張ってくれてるスタッフに、僕ができることは、

今後の展開の妨げにならないことです。

3月に書かれた週刊誌は酷かった。
あの記事によって、このプロジェクトは一時止まってしまいました。
もっと早く「Ulas O3」が世の中に出ていたなら、このような事態にはなっていませんでした。

しかし、それも僕が創った現実とするならば、
あの出来事も、今後必ず意味を成すでしょう。

あの週刊誌には「オゾン学会」から、「内容証明」に近い抗議文が、

もう出されているか、間も無く出される頃です。

Twitter上で展開された2日間のバッシングは、
組織的に展開されたものでした。
あの怒涛のバッシングは、すでに全削除されています。
痕跡を残さないためです。

へぇ・・・。
そんなに「Ulas O3」が怖いのか。
「Ulas O3」すごいじゃん。

本日開設しました「仮サイト」は、急務でした。
27日の僕のブログを思い出してくれましたら、あの日、何が起こったのか、
いや、どんなことが天から降ってきたのかを、今後知ってもらえると思います、

僕は、「地位」「名誉」欲ではなく、大義のみで進んできました。

僕は、本サイトが正式に開設されましたら、
「Ulas O3」から離れます。

優秀なスタッフたちがいますから、
必ず世の中を変えてくれます。

まだ、今日の時点でお伝えできてないことがありますが、
必ず、大丈夫。

だって、大丈夫なんだから。

ULAS オフィシャル仮サイト

https://www.ulas.jp/



ASKA(2020/8/3 1:18)