読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバーサイドホテル

今日は、暑い夏にとっておきの話をします。恐がりの方は、ここで目を逸らして下さい。こんな話も偶にはいいでしょ。

 

あれは、25年ほど前、パンフの写真を撮るために福岡へ戻った時のことです。

その日は、午前中に羽田を出発し、昼過ぎに福岡へ到着いたしました。大きなバッグを抱えていましたので、まず、ホテルにチェックインしようということになったのです。

 

そのホテルは、福岡市博多区中洲のリバーサイドにありました。そのホテルはとてもオシャレな造りをしておりました。内装も、またオシャレが豊かで、エレベーターの中では、宿泊することになる部屋のデザインを思い浮かべていました。昔から、そうなんです。部屋好きなんです。僕の部屋は、エレベーターを出たところから見える廊下を、左に曲がった、いちばん奥の部屋でした。部屋のドアもイケてます。僕は手にした鍵を突っ込み、そして、右に捻り、ドアを開けました。グリーンをベースにした、居心地の良い空間が目の前に広がりました。しかし、足を踏み入れた瞬間に、なぜでしょう?

寒気がしたのです。部屋に流れている空調の風とは、違う風を感じたのです。あまり経験したことのない湿気を感じました。

 

「なんか、気持ち悪いなぁ・・。」

 

それが、その部屋の第一印象でした。インテリアは、どれもオシャレで、好みのタイプだったのですが、居心地が良いとは感じられませんでした。スタッフは、各自、チェックインをしており、30分後にロビーでの待ち合わせとなっていたのですが、僕は、そそくさと部屋を出ましたので、ひとり、ロビーで、みんなが集まるのを待ちました。20分程、ひとりで居たでしょうか。ガラス越しに見える中洲の街は賑わっており、それを眺めていると、先ほどの部屋のことは忘れていました。そして、スタッフが、ひとり、ふたりと集まり、CHAGEも下りてきましたので、早速、撮影開始となりました。日差しが心地良く、カメラマンとも息が合い、その日は、順調な流れで撮影を終えたのです。食事から帰って来たのは、22時半頃だったでしょうか。翌日は、早朝からの撮影です。僕は、部屋に入ると、まずテレビを点けます。シーンとしているのが嫌いなのです。そして、数人の友人に電話をかけた後、シャワーを浴びました。昼に感じたこの部屋の第一印象は忘れていました。0時を回った頃には、ベッドに入りました。直ぐに、眠りについたと思います。そして、それは起こりました。何時頃なのかは分かりません。金縛りに遭ったのです。金縛りは、数えられないほど経験しております。その時に、人が出てくるか、出て来ないかが感覚で分かるのです。その日の金縛りは、人が出てくる種類のものでした。身体は動きません。声も上げられません。その時、突然腹の上に人が乗っかってきたのです。僕は、重たい瞼を必死に開け、それを確認しようとしました。ナイトランプは点けてありましたので、部屋は真っ暗ではなかったのです。開けた目に飛び込んできたのは、坊主頭の男の顔でした。じっと、僕の顔を覗き込んでいます。ただ、じっと・・。僕は、身体を捻り男を振り落とそうとしたのですが、身体が動きません。じっと見つめています。そして、男が口を開いたのです。

博多弁でした。僕に向かって喋りかけてきたのです。

 

「オレくさ・・。オレな。」

 

そこで、一旦言葉が止まりました。「何を伝えようとしてるのだろう・・」僕は、男の目から視線を外しませんでした。その時です。男が大声を上げながら、僕の首を絞めてきたのです。

 

「こうやって、殺されたったい!!」

 

ものすごい力です。僕は動けません。苦しい。男は力を弱めようとしません。

そのまま、気が遠くなって行きました。

 

起きたら、朝でした。カーテンの隙間から日差しが差し込んでいました。直ぐに、昨夜のことを思い出しました。あのまま、気絶してしまったのでしょう。

撮影は2泊3日でしたが、僕が宿泊するのは、1日だけだったのです。2日目は、実家に帰ることになっていましたので。いつも、そうですが、そんなことがあっても、朝を迎えると恐怖はなくなっているのです。そんな話をしても「またか?」と、言われるだけなので、昨夜のできごとは誰にも喋りませんでした。そして、その日の撮影も終わり、僕はひとり実家に戻りました。

 

 

翌日は、少し遅めの撮影開始となっていました。

 

集合場所は、そのホテルのロビーでした。空は快晴でした。写真日和です。撮影は、開始されました。直ぐに気がつきました。スタッフのひとりが言葉少なめなのです。僕たちのギャグについてきません。ずっと考え事をしているようでした。気になった僕は、そのスタッフに声をかけました。

 

「どうした?元気ないじゃん。」

「うん・・。」

「どうした?」

 

いつもは率先して喋ってくるのに、やはり変です。僕は、言葉をつづけました。

 

「どうしたよ?」

 

話すのをためらっている様子です。ポツリと喋りはじめました。

 

ASKA・・。」

「何?」

「昨夜、寝てるときにね・・」

 

瞬時に、分かりました。何が起こったのかを。僕は、そのスタッフが喋る前に言ったのです。

 

「坊主頭の男だろ!?」

 

顔色が変わります。

 

「何で分かったの!?」

「博多弁だったろ?」

「嘘でしょ?止めて!」

「『こうして、殺されたったい!』って、言ってきたろ?」

 

口に手を当てたまま、表情が固まっています。

 

「首を絞められたろ?」

 

唖然としています。

 

「何で!?」

「実は、その男。前の日に、オレのところに来たんだよ。」

 

そのホテルは、今も綺麗なままで中洲の景色に溶け込んでいます。

信じるか、信じないかは、あなた次第です。

ASKA

 

PS.

今日は、今から家を出ます。

戻りは、決めていません。

それでは、行ってきます。