読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初ワンマンライブ

僕らCHAGE&ASKAは、アマチュアの頃から怖いもの知らずでした。活動をするということに関して、自分たちが感じる空気感、肌触りだけを信じて活動していたのです。裏を返せば情報に疎いということになります。周りのアマチュアアーティストが、どんな活動をしているのか、全く興味がなかったのです。ライブというものは、ホールで行うものだと思い込んでいました。そうではなかったのですね。どのアーティストも、50名ほどのお客さんの前で、パフォーマンスし、経験を積み重ね、実力をつけ、そして東京へ向かいました。そして、多くのアーティストが、夢破れ、福岡に戻って参りました。と、いう話さえ、デビューしてから知ったことなのです。

 

初めてのワンマンライブは、大学4年生の時に、福岡の「ももちパレス」で行いました。キャパ800人です。なぜ、そこを選んだか。 YAMAHAポピュラーソングコンテストが、そこで行われていたからです。それだけです。もちろん他のホールもいくつかは知っていましたが、小さなところからコツコツと、いう考えがまったくなかったのです。僕は「ももちパレス」に直接交渉に行きました。パレスの方は、僕らのことを知っておられました。アマチュアながら、テレビ出演などをしていたからです。その方は、僕より少し年上ぐらいの方でした。

 

「コンサートをやりたいのですが、3ヶ月後ぐらいで会場が空いている日はありませんでしょうか?」

「空きはありますが、イベンターや企画会社はとおさないんですか?」

「どこも、知りません。」

「ここのキャパは800人ですよ。」

「ええ。知ってます。ポプコンに出場していますから。」

CHAGE&ASKAさんは、まだ早いんじゃないですか?」

「そうかもしれませんが、もう決めましたので。」

「いやぁ、危険すぎるなぁ。」

 

アマチュアで、そこを使用するという前例がなかったのです。その担当の方は、やんわりと断って来ました。

 

「会場費、ミキシング、照明など、その他を含めて○○万円はかかりますよ。」

 

思ったよりも、高額でした。その時です。表情です。担当の方の表情に見覚えがあったのです。

 

「この人、どこかで会ったことがある・・。それも、近しい間柄だったはず・・。」

 

記憶の中のページを一気にめくりました。そして、ヒットするまでそんなに時間はかかりませんでした。

 

「あの、もしかして、大野北小学校出身ではないですか?」

「えっ!?そうですけど。」

「やっぱりー。お久しぶりです。お家は、学校の斜め前のアパートでしたよね?」

「何ですか?何で知ってるんですか?」

「一緒に、ドッチボールや野球してたんですよ。お家に遊びに行ったこともあります。」

「なーんだ、そうなんだ?」

 

両者、話し方は、一気に砕けました。友人のような話し方になったのです。

 

「ね、何とかならないかな?」

「お客さん、大丈夫?」

「やってみないと分からない。でも、600人ぐらいは入るんじゃないかと思う。」

「プロでも、600人は入らないよ。」

「自分で言うのも何だけど、もう中高生は僕らのことを知ってると思うんだ。」

「プロモーションとかチケット売りは?」

「告知ポスターと、手売り。」

「3ヶ月で?」

「3ヶ月も、6ヶ月も、(お客さんが)入らないときは、入らないから。」

「分かった。協力しよう!」

「経費も、トータルで安くしてくれない?」

「上と、交渉してみる。」

 

 

その頃、僕らを応援してくれていた中高生を、各学校からひとりずつ代表して集まってもらいました。CHAGE&ASKAデビュー時代に行った、決起集会の小規模なものです。ポスターやチケットが出来上がったのは、3週間後ぐらいでした。いよいよです。手売りが始まりました。ポスターは警察の目を逃れながら、真夜中、至る所に張りました。当時、僕らは7人で編成されたバンドでありましたので、7人が中心となり、各方面に飛び散りました。数日間おきに情報が入ってきます。今日は○○枚、○○枚と。中高生たちは頑張ってくれました。それまで味わったことのない高揚感で、毎日が充実しました。そして、ついに、ライブ3週間前に800枚のチケットが完売したのです。無いチケットには価値が生まれるもので、その後もチケットは売れました。当時、消防法も強くは規制されていませんでしたので、立ち見の分も用意しておいたのです。

ライブは1100人以上のオーディエンスに囲まれて大成功いたしました。

 

今は、情報にすべてを委ね、慎重に行動しますが、「何も知らない」ことの強さも経験しています。恐怖は、新しいことをやる前に必ず顔を出します。恐怖は、弱い心を見逃しません。つけいってきます。しかし、何も知らなければ、恐怖には見つかりません。

ASKA