読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっと考えていました。

みなさんが、今回の事件をどのような思いで見つめているのかを。

そして、絶えず思い繰り返していることがありました。

 

これで、有罪になるようなことがあれば、

この国は異常だと。

 

なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?

これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています。

 

当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。

被害を訴えて警察に連絡したはずでした。

 

appleのアカウントが、一週間で2回も書き換えられてしまいました。何度も、このような目に遭ってきました。もう、我慢ができません。

警察のサイバー課の方を紹介してください。」

 

喋ったのは、わずかこれだけです。

警察は、

 

「わけのわからないことを言っている人がいる。」

 

僕の名前を、確認すると、

麻薬などを専門に扱う「組対五課」に連絡をしたのです。

 

 

これが、今回の出来事の始まりでした。

対応した警察官が、

apple」「アカウント」「書き換え」

こんなことも知らないのですから。

いや、そのくらいは理解できたのかもしれませんが、

 

「わけのわからないことを言っている。」

 

人権問題です。

 

「組対五課が、到着しますから。」

「組対五課?」

 

麻薬などを専門に扱う部署です。

 

「検尿を求められるだろう。」

 

メヂィアに、

 

ASKAが、意味不明なことを言っているので、検尿をした。」

 

発表しかねません。

それだけでも、大きな記事になるでしょう。

目の前にお茶がありました。

仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました。

 

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい。」

 

間も無く「組対五課」が、やって参りました。

 

「これは、もう何をやっても事件にしようとするだろう。」

ASKAさん、尿検査をさせてください!」

 

これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。

ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません。

 

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。」

 

あまり詳しいことは書けませんが、

3日目には、陽性となりました。

 

ありえません。

 

この経緯に関しては、もう少し語らなくてはならなくてはならないことがあります。

 

近いうちに、

詳細をお伝えさせてください。

 

ASKA