読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタリズム

9月30日。朝から北海道に来ています。

昨日は、仕事関係者等と会い、夜は同窓会。そして今日は友人たちと「ばんえい競馬場」に行って来ました。競馬デビューでした。

 

競馬のことは、まったく分かりません。ばんえい競馬は、通常の競馬とは異なり、競走馬が重りを引きながら直線コースを走るのです。

途中、盛り上がった山があり、馬は登り切るために山の前で一度停止しします。

ジョッキーは大きく手綱を引き、馬をのけぞらせた後、手綱を一瞬緩めます。

その反動を利用して馬は山を一気に越え、そのままゴールに向かうのです。

 

最近、僕はメンタリストのDAIGO君にハマっています。

僕は心を読まれない自信がありますので、DAIGO君と勝負したいものです(テレビ出演ではなく)。

スプーンも楽に曲げられるようになりました。

DAIGO君には勉強させていただいております。

 

そんな僕は、レースの前に予想新聞を買うこともせず、レース前の馬の心理状態を読み取り、メンタリズムで浮かんだ「6」を、1点買いしました。

1000円です。

昨晩は、そのメンタリズムで3つ並べた灰皿の下に隠したコインを、ことごとく当てました。

 

「あなたは右利きですか?先ほど僕は、いちばん左側に置いてもイイですよ(すでに誘導に入っています)と、言いましたよね?こう言われると、裏をかいて左に置きたくなるのが人間心理です。と、言った瞬間に瞳孔が揺れましたね。と、いうことは左ではないということです。」

 

と、言って左の灰皿を持ち上げます。正解です。

 

「残りのふたつ。あなたの性格上真ん中には置かないでしょう。あ、今、座り直しましたね。人間はホッとすると身体に反応が出ます。あなたは正直な人ですね。と、言った瞬間、口を結び直しましたね。つまり正解は真ん中です。」

 

真ん中にコインはありました。このようなことを7回ほど続け、外れたのは1回だけでした。言葉のトーンも仕草もDAIGO君のマネです。成りきってやりました。

同級生の驚きが気持ち良かったですねぇ。スプーン曲げも披露しました。

もう僕は、メンタリストです。

そして、今日を迎えています。絶好調です。

頭の中に浮かんだ数字「6」は揺るぎないものとなりました。

昨夜、それを経験した友人たちは僕を信じ「6」を絡めながら、馬連複(馬を2つ買い、どちらが先に来よても良い。2番、1番になったとしても当たり)を、買いました。

 

各馬、一斉にゲートにつきます。

スタートの合図で扉が開き、横一列で馬が走り出しました。

6番はスタートも良く、先頭グループに入っています。

 

「イイ!! イイぞー!! 行けぇ!!!!」

こんな感じです。

 

f:id:aska_burnishstone:20161002005738j:plain

 

昨夜の、僕のメタリズムは続いていました。

友人たちは大喜びです。

 

「オレ、Mac買おう!!」

「オレは、車!!」

「オレ、嫁に内緒にするぞー!!」

「ははは!! 君たちったら(余裕の大笑い)!!」

 

ところが・・・。

ところがなのです。

山の中腹で馬が・・・。6番が・・・。

止まってしまったのレス・・・。

一生懸命に登ろうとするのですが、重りに引きずられて下に滑って行きました・・・。

頭の中で、ショパンの「別れの曲」が流れます。

馬は何度もトライを見せるのですが、どうしても登れません。

 

「6番なんて居たっけ?」

 

と、言わんばかりに、全ての馬はゴールしました・・・。

6・・・ば・・・ん・・・。

その光景です。

 

f:id:aska_burnishstone:20161002010059j:plain

 

最下位でした・・・。

あはははははは・・・。

 

「何だよ! 偽メンタリストぉ!!!」

 

帰りの車の中ではひんやりとニューアルバムが流れていました。

アルバム、友人たちにはどうでもよかったようです。

このアルバム、どうなるのでしょうか・・・。

 

明日は、じゃがいもを食べに連れて行ってくれるそうです。

アルバムは、部屋に置いて行きます・・・。

人生、こんなものです。

 

ASKA