読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元文春の中村竜太郎の書いた「SCOOP!」を読んでる途中です。

文春、そして記者の中村は「700番」が出版されることを、非常に怖れていますね。

今、中村の出版した「SCOOP!」を、読んでる途中ですが、これ以上、読む気が起こらないぐらい嘘で固められた内容になっています。

 

あの時、文春が書いた嘘だらけの記事を正当化するための本のようです。

中村は、また暴力団と接点を持ったようです。

だいたい、暴力団と接点を持っても、僕の話は出てきません。

そこいらのチンピラの立てた噂話を、あそこまでの内容にする筆力は認めますが、

所詮、作り事です。

 

僕の情報を掴んだ瞬間の、文春内でのざわめきだった光景を描写していますが、

漫画だと思って読んで下さい。

 

「100人近くの取材を行った」

 

僕は、そんなに敵は居ない方なので、それがもし本当であれば、

 

「文春が聞き込みをやってるよ。」

 

と、伝えて来る人間がひとりくらいいるでしょう。

文春は、暴力団からネタを買ったのです。

僕は、暴力団員と知り合ってしまっただけで、付き合いはありません。

最初、警察もそのような発表をしましたが、そうではなかった事実を確認しましたので、以後、暴力団という発言は立ち消えました。

 

暴力団と密接な繋がりがあるのは文春なのです。

 

「知人から情報を得た」

 

暴力団関係者のことです。

文春は何をやっても無駄です。

こちらには、文春と暴力団が繋がっている証拠の記録があるのです。

 

僕、会社の前社長、弁護士の3人が、同じものを持っています。

この本を読んで「700番」に、継ぎ足しの文章が必要となりました。

僕の書くことは、全部本当のことです。

文春は、世間の前で、

 

「ごめんなさい・・・。」

 

を、しなくてはならなくなるでしょう。

「SCOOP!」を、読まれておくと、僕の出版する「700番」が、一層楽しく読めると思います。

とにかく「SCOOP!」は、漫画です。

穴ぼこだらけです。

 

さて、続きをメモりながら読みましょうかね。

何でメモってる?

さあ、なんでしょう。

 

桃太郎は、鬼ヶ島に、キジと犬と猿を連れて鬼退治に行きました。

完勝だったですよね。

鬼は、退治しなくてはなりません。

ASKA