読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを好きと言うのは好きだな。

でもね、

 

嫌いなものを嫌いと言うときは、気を遣わなくてはならない。

 

行動、発言には、その人の理由があります。

理由の裏打ちを察した上で、言葉を選ぶ。

これは、ひじょうに大切なことだと思っています。

 

「歯に衣を着せぬ発言」

 

これは、誰もが使えるものではありません。

その人の人となりが認められてこそ、それは受け入れられます。

 

僕は、〇〇の司会者〇〇君が好きです。

彼は、とても愛情深く、そしてすばやく人の気持ちを感知して言葉を選んでいます。

 

「私は、思ったことは言うんだ。」

 

これは、わかり合うために必要なことだとは思いますが、

これには「伝える」という気持ちが備わっていなければなりません。

 

僕は、「歯に衣を着せぬ〜」が、あまり好きではありません。

感情の流れからの、その場の雰囲気が壊れることが嫌いだからです。

 

ただ、

 

「やりたいことをやる やりたいように」

 

これに関しては、信念が見えますので、

 

「見ていよう、見守っていよう。」

 

と、言う気になるのです。

 

「この人は、私が言わなければ分からない」

 

いいえ、すでにたくさんの人たちから言われているでしょう。

思い上がりはどちらでしょう?

 

これは、このブログのコメントを読んで、書いてるわけではありません。

ただ、寝起きにね、

ふと、思ったことを書きました。

 

ASKA