読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなさんへ

昨夜ね、C&Aのバンドのメンバーが遊びに来てくれてね。夜中1時くらいまで居たかなぁ。本当に、楽しかった。

新曲も30曲くらい聴いてくれて、「早くやりたいですねぇ」と。

 

しかし、僕はやれないんです。執行猶予期間中は、どこの会場も借してくれません。都道府県、つまり国、そして企業の持ち物ですから。それでも楽曲を世に送り出す事は、どこにも誰にも制限はされていません。企業であるレコード会社は、コンプライアンスによって動けません。レコード会社も、イベンターも、このようになった僕を、みんな応援してくれています。もちろん、ここに訪れてくれているみなさんも。これが僕の大きな励みとなっています。楽曲に関してですが、この部屋で作られた3年前の楽曲は、もう今の音ではないような感覚がしてきました。サウンドは生き物です。時間と共に古くなって行きます。しかし、メロディ、歌詞はそうはなりません。新しい洋服に着替えさせればいい。僕は、音楽が大好きです。そのための労力は、労力と感じません。

ただ、ひとつ問題を抱えてしまいました。僕は、たくさんの楽曲を作ってきましたが、CDのプレス。ジャケットの製作過程、流通のことは何も知りませんでした。今、自主製作盤に向けて勉強をしているところです。年内にお届けするには、時間が限られています。

 

パソコンは、ネット接続と不接続用の2台を使い分けています。数人の方のコメントは、最もな話で、ネットを止めれば良いのでしょうが、やはり調べものをするときには、必要です。先日は、詞を書き上げた直後に、削除されてしまいました。運よく、それを知人に送った後でしたので、送信の添付にそれが残っていましたので、難を逃れることができました。

 

見られているということや、聞かれているということは、もうどうでも良いのです。仕事に影響する、この嫌がらせに対処をしなくてはなりません。行動を起こされるときには、僕がひとりの時なので、「間違って、自分で削除したのではないか?」と、言われれば、それで終わりです。さてさて、どうしましょうかね。

 

先日、北海道の千歳に行って参りました。旧友は良いですね。嫌なことをすべて忘れさせてくれます。何よりも変えがたい財産だなぁと、思いました。もちろん、みなさんの気持ちも財産です。これに恩返するには、最高の楽曲をお届けすることだと思っています。

 

今から、友人と会ってきます。それでは。

ASKA