読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がこの年齢のときには、こんな歌、歌えなかったなぁ。

今月の30日に、リリースです。

そのアーティストは「宮崎薫」と、言います。

 

以前にも、一枚リリースしているのですが、

そのときは、自分のやりたかったことが、できなかったらしく、

ずいぶん、悩んでいたものです。

しかし、今回のアルバムは、快作極まりない。

 

他の若手シンガーと同じで、アルバイトをしながら、

ここまでたどりつきました。

 

僕も、楽曲ができあがる過程を、近くで見ていたのですが、

彼女には彼女のイメージがはっきりありましたので、首は突っ込まず、このときを待っていました。

 

親バカではないことを、伝えさてくださいね。

 

今の音楽業界において、彼女の音楽が陽の目を浴びないとするならば、もう何が音楽かわかりません。

 

いま、思うんです。

デビュー作は、あれで良かったんじゃないかと。

 

あれから、いろんなことを学び、自分のいちばん得意とするスタイルを見つけたのだと思います。

 

7曲入りのアルバムですが、メロディ構成において、僕の出番はありません。本当に、素晴らしい楽曲を生み出すようになった。

 

彼女の武器は、詞:曲。

しかし、それを遥かに超越するのが声です。

 

僕は、彼女に歌を教えたことはありません。

中学生のときに、初めて彼女の歌を聴き、驚いたのです。

もう、すでに歌心は兼ね備えていましたね。

 

彼女は、洋楽ばかりを聴いて育ちましたので、フィーリングは、日本人ではないのですが、このアルバムでは、日本語をとても大事に、そして丁寧に伝えようとしているのが分かります。

 

今では、一緒に歌ってみたいシンガーのひとりになっています。

 

メロディは、ところどころニヤリとするものがあります。

気持ちの良いところが同じ気がします。

 

とにかく歌が上手い。

 

ぜひ、聴いてみてください。

 

https://www.amazon.co.jp/Here-%E5%AE%AE%EF%A8%91%E8%96%AB/dp/B06XFTJ83L/ref=cm_cr_arp_d_product_sims?ie=UTF8

 

 

ASKA