読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのとおりですね。

信じてくれる人は、信じてくれる。

信じてくれない人は、信じてくれない。

 

信じない人は、信じない方が面白いので、信じないだけの気がします。

スポーツ新聞の、

 

「パソコンから、手が出た」

 

ギャグとしては、もうちょいですね。

僕なら、

 

「パソコンから、ハクション大魔王が出てきた」

 

と、書きたいところです。

 

「手が出てきた」にしても、それを信じる方が面白いのです。

これが、イジメの構造であり、社会が抱えている病気なのでしょう。

 

ネットで批判している人たちを批判するつもりはありません。

僕の犯した過ち。

これが、頭の中に記録されてしまったからには、すべてその方向から見てしまう、判断してしまうのは当然です。

 

これは、

もう、仕方のないこと。

 

そんな、彼たちも、いつか振り向いてくれるときが来ると思うんです。

そのときには、力になってくれるはずだと。

元々、発信力のある人たちですからね。

 

警察と僕の間で、合言葉のようなものがありました。

 

「真実はひとつ」

 

本当に、これしかありません。

なぜ、僕が不起訴になったか。

真実はひとつだったからです。

 

「嫌疑不十分」とは、見事な落としどころでしたね。

 

誰にもプライドがあります。

その誰かのプライドを傷つけるための本ではありません。

 

疑いを晴らすための本でありません。

あったことを、あったままに伝える本です。

 

音楽をするために。

 

ASKA