読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

付録

付録

 

 

子供の頃

月刊雑誌の付録が楽しみだった

 

まともに組み立てたことのない

子供の科学物シリーズ

 

それがあるだけで

得した気持ちになったのだ

 

キャラメルを買うときもそうだった

キャラメルよりも

何が入っているか分からないオモチャに魅力を感じていた

 

僕はCDをリリースするとき

「先行予約特別仕様」というものを嫌った

 

なぜなら

最初に買ってくれたリスナーと

最後に手にしてくれたリスナーとに違いをつけたくないからだ

 

「それではイニシャルが稼げない」とレコード会社は言うが

かたくなに断った

 

自分の価値がそんなもので決まるなら

その程度のアーティストでしかないと思っていたからだ

 

いまでは配信の広がりで

そんな話はしなくて良くなったが

ある日

月刊雑誌の付録で得たあの頃のわくわく感を思い出した

CDの発売を待ってくれているリスナーに

楽しみを感じる付録があっても良いのかなと

 

僕の気持ちは

するりと向こう側に回った

 

この次は何か考えてみます

待っていてください