読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶体絶命。

あれは、1996年。いや、97年。いやいや、98年。ちょっと待って・・・プレイバック。

99年・・・。

 

どうでもいいです。

忘れました。その辺りの話です。

 

それは、その国の首都。その首都のメインストリートから一本脇道に入ったところにそびえ立った、誰もが知っている有名ホテルでした。

その日は、早朝から写真撮影が行われ、19時頃にホテルに戻ってきたのです。

僕は、万年肩こりのため、肩こりから頭痛が起こることも珍しくありません。

ホテルの自動ドアをくぐると、すぐ右側に横長のフロントカウンターがありました。

 

「おかえりなさい。」

「はい。今夜、マッサージを呼んでもらえますか?」←←←デタ!!👏

「何時頃にいたしましょうか?」

「22時にお願いいたします。」

 

それから3時間後~

 

「ピンポーン。」

 

ドアを開けたら、女性でした。部屋へとおします。二言、三言、声をかけたのですが、

無反応でした。英語が通じませんでした。

まぁ、しょうがないでしょう。別に、会話は必要ありませんので、僕は、すぐさまベッドに倒れ込みました。

 

「◯×□△。」

「はい?何?」

「◯×□△。」

「何?なに?」

 

女性は、Tシャツを脱げと言ってるようです。珍しいですね。裸になれとは。

この国の習慣なのでしょう。

僕は、Tシャツを脱ぎ、再びベッドに向かおうとしたのですが、

 

「うーん、うん、うん!!」

 

そんな声を上げながら、下を脱げというポーズを始めました。

 

「えっ?うん?」

「うん。」

 

日本では、パンツ一枚になってマッサージを受けることはないので、

躊躇しましたが、ここは異国。 郷に入っては郷に従え。

僕はボクサーパンツ一枚で、マッサージを受けました。ヨカッタ・・・。

ブルマ型のパンツじゃなくて。黄緑色じゃなくて・・・。

 

予定の、約1時間が終わりましたが、こりがほぐれていないのです。

その夜は、不完全燃焼でベッドに入りました。

翌日も、朝は早かったですね。写真は、朝の光がいちばん奇麗に撮れるものなのです。

 

撮影が終わったのは、18時過ぎ。そのまま食事に行き、ホテルに戻ったのは20時半頃でした。

僕は、その日もマッサージを頼みました。

 

「すみません。男性をお願いできますか?」

「男性ですか?」

「はい。男性を。」

「女性ではダメですか?」

「男性がいいんです。」

 

僕を、ジロジロと見ています。フロントマンは、奇妙な笑みを浮かべながら、

 

「分かりました。用意させてもらいます。」

 

なんだ?あの笑みは・・・。

 

その日も22時からとなりましたが、その日は、打ち合わせをしようということになりまして、

スタッフ全員が僕の部屋に直行しました。

打ち合わせが終わったのは21時半。さっさと、部屋の片付けをして、シャワーに向かいました。

しかし、このシャワーが問題で、適温にならないのです。少し回すと熱湯になるし、

少し戻すと水になる・・・。

ついには、熱湯を溜め、水を注ぎ、バスタブの中で、頭をつけ、髪を洗いました。

 

風呂から出ると、もう22時でした。

 

「ピンポーン。」

 

真っ裸です。僕は、バスタオルを腰に巻き、あわててドアを開けました。

そこに立っていたのは、完全な男でした。デカい・・・。

砲丸投げ選手のようにいかつい。ニコっと笑っています。

 

僕は、すぐにスウェットを着て、用意をしました。

また、どうせ脱がされるのだろうと思いましたが、男は、脱げとは言いませんでした。

何だったんだろ?昨日は・・・。やはり、言葉は通じません。

 

そして、マッサージは始まりました。僕は、うつ伏せになっていました。

男は、太ももからもみ始めました。

そして、足の裏を揉んでいたのですが、ふとマーーサージを止め、

なにやら、持って来ていたカバンの中に手を入れています。

気にしませんでした。それより、眠気がきていましたから。

 

そして、足の裏を揉み始めたのですが、感触が違うのです。ヌルヌルしてます。

オイル?

それを、足の裏いっぱいに伸ばすようにした後、また、マッサージを止めました。

それから3分ほど、沈黙がありましたかね。喋りかけても通じないわけですから、

もう黙っていました。

 

そして、僕は首の向きを変えようとしたのです。そのときでした。

あれ・・・。動かない・・・。なんで?

まったく動かないのです。驚いて起き上がろうとしたのですが、できません。

身体が動かないのです。

 

サビは突然やって参りました。

男が背中に乗っかって来たのです。僕のTシャツを脱がせようとしています。

 

「おい、おい、おい!!

 

と、言ってみたところで、声にもなっていません。上半身、裸にされてしまいました。

何が起こっているのかぐらいの見当はつきます。初めてです。心構えもないのですから。

いや、そうではなくてぇ・・・。

 

「まずい・・。異国で。とうとうか・・・。」

 

いや、日本でだって同じです。じょーじゃんじゃない!!

 

「え?何だ?せ、背中、舐めてるーう!?」

 

絶対絶命です。こっちは無抵抗。その上、相手は、デカいホーガン投げ選手なわけですから。

か、身体が・・・う、動かない・・・。

とうとう、ホーガンの舌が首筋まで・・・。そして、横顔、唇まで、・・・。

とうとう舐められてしまいました。マジ、まじヤバいです。

 

そのときでした。この身体が動かない感覚。何かに似てると。

それは、金縛りでした。中学生のころから始まった金縛り。僕はレジェンドです。

金縛りのときに、声を出すことや、身体を動かす技を得とくしていましたので、

それを使ってみたのです。

 

「うぉー、うぉー!!」←ノー、ノー!のつもり。

「うぁうぇうぉー!!」←やめろー!のつもり。

 

それでも、ホーガンは止めません。

僕は,、渾身の力を振り絞って左手をホーガンの顔に向かって振りました。

手首だったと思うんです。当たりました。ホーガンの鼻に。

 

その動作をやったことによって、しびれた身体が、少し戻ってきました。

一瞬ホーガンがひるんだスキに、 僕は立ち上がることができたのです。

ふらふら、よろよろでした。ホーガンは殴られた上に、

僕が立ち上がったことに驚いている様子でしたが、すぐにバッグを持つと、

 

「ソーリー、ソーリー。」

 

なんで、ここだけ英語なんだよ!!

 

「うぇいうぉ、うぁうぇうんばうぇ!!」←英語喋るんじゃねぇ!!のつもり。

 

ドアを閉めて、逃げるように立ち去って行きました。

 

いやぁ。もうちょっとで、あっちの世界を見てしまうところでした。

しかし、こちらにも落ち度というか、それを誘導させるできごとがあったのです。

 

まず、フロントに男を要求した。二番目に、男を裸で迎え入れた。

三番目に、僕の部屋にメイク道具があった・・・。

 

体制は、こちらが整えてしまったのです。

今でも、あの背中を舐められた感覚は忘れません。

そして、横顔、めくられた唇・・・。

 

と、まぁ、このような海外体験があったわけですが、

この話をすると、男全員が言います。

 

「その、ヌルヌルと塗られたやつ、手に入りませんかね?」

 

そこかーい!!

 

ASKA