読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競艇。

こう書くと、前のパチンコと連動しますので、やたら遊んでたというイメージがついてしまいますが「行ったことがある」と、いうことです。

 

そこは「福岡競艇」でした。

 

人がぎゅうぎゅう詰めでした。

 

前のパチンコで登場した親戚と行きました。

もちろん、ボート乗りの名前もなにも知りません。

 

その人波の中で、一段高いところに立った人が、大声を上げています。

予想屋です。

 

その道のプロです。

その彼の予想した、番号を買うのです。

 

親戚は、予想屋から1 枚の紙を手渡されました。

黄色の10センチ四方の紙に、番号が、殴り書きされていました。

 

僕のポケットには1000円札一枚。

 

同じものを買っても、ふたりで外れてはしようがないとの作戦を立て、僕は違う番号を買うことになったのですが、何も知らない僕は、何番を買っていいのか分からないのです。

 

そのとき、隣に、老人がいました。

 

耳に鉛筆を挟んで、紙を握りしめていました。

 

「10レース」

 

そうです。今、買おうとしているのは、最終レースの10レースです。

 

その老人の紙を覗き込みましたら、赤字で「1-6」と、書いてあったのです。

 

僕は、200円を2枚。「1-6」に賭けました。

 

コンサートのオープニングフィルムで、競馬場のシーンがありました。

僕には、あのような場所は、その競艇のとき以来でしたので、

競艇」と「競馬」では、種類は違えど、実は、あのときのことを思い出していたのです。

 

ああいう賭けごとにおいての迫力はすごいものですね。

スタートの合図で、一斉に飛び出したボートへの声援は、怒濤のようなものでした。

 

馴れていませんので、目を凝らしても、何番が先頭なのかがわからないのです。

 

あっと言う間に、ゴール。

 

楽しんだという感覚はなかったですね。

ただ、参加したという感じでした。

 

そして、電光掲示板。

 

そこには、

 

「1-6」

 

が、映し出されました。

ビギナーズラックです。

 

12000円。

 

僕は、よくよく思えば、この人生、

「16」「36」「52」「56」

に縁があります。

 

そう言えば、僕の良く知る人物の誕生日が「1-6」ですね。

 

こういうのって、あるんでしょうね。

 

ASKA