読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ今、熊本から帰って参りました。

以前、紹介させていただいた、熊本のデザイナーの西本さんが監修をしている写真家やデザイナーの集まり「遊美塾」(ゆうびじゅく)ですが、そこの、生徒さんが発表する作品の個展を観に行ってきました。18日から26日まで、ホテル熊本テルサで行われています。

 

1月に撮影した僕の写真も、西本マジックでグラフィック処理され、作品になり、展示してありました。

 

「人間の目は、写さなくてもいいものまで写してしまう。写真は、切り取られた世界なので、余計なものは写さない。」

 

写真に対する西本さんの考えが、述べられていました。

そうですよね。作品です。必要なものだけで、ひとつの世界を表してゆく。

 

音楽もそうです。

楽曲は「何が言いたいか」「何を表現したいか」「何を、どう伝えたいか」・・・。

それだけです。

 

作品と呼べるものは、たとえ種類が違っても、表現したいことは同じです。

 

今日観た生徒さんの作品には、力があり、こんなところに、こういう人たちがいるのだなと思わされました。

 

西本喜美子(西本さんのお母様)さんの作品も、しっかり展示してありましたよ。88歳で、写真、そしてそれを加工する楽しみを謳歌されています。

 

お母様は、春過ぎに、とうとう東京銀座の三越で、個展を開くことになったそうです。

魔女にふんしたお母様が、ほうきに股がって空中に浮いてる写真が印象的だったですね。すべてひとりで作りあげたものです。

 

僕は、福岡の音楽仲間4人を連れて行きました。

 

すでにお母様は、全国区で有名になられているので、仲間はお母様にお願いし、一緒に写真を撮ってもらったりしていました。

 

良い光景でした。

 

それから、21時近くまで「遊美塾」のすぐ側にある焼き鳥屋さんで、打ち上げをやり、今帰ってきたところです。

 

地震の影響で、街中には、まだまだブルーシートに囲まれた建物が目立ちましたが、元気な熊本を再度見せつけられた感じでした。

 

明日を見据えた人間は、本当に強い。

昨日を糧に明日を見る。

 

作品とは、そうありたいものです。

 

ASKA