読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お昼ご飯を食べました。

朝から、大したことはしていないのですが、

お腹がね、やっぱり減るんですね。

 

僕は、お腹に何か入れば、それで満足なので、あまり食べ物には拘りません。

 

「美味しいものを食べたい」と、遠出をする感覚がわからないのです。近くで、サッサッとすませたいタイプなんです。

 

もちろん、美味しいものに出会ったときの感動はありますが、

それはそのときのもので「それを味わいに遠出をするか?」と、聞かれたら「いや、近くでいい」と、なってしまいます。

 

「ライブ」を「食べ物」と置き換えられてしまうと、何も言えなくなってしまいますけどね。僕にも、海外に足を運んでも、観たいアーティストがいますので、それを言われてしまうと「分からなくもない」と、言えますが・・・。

 

と、ここまで書いて、あの老人を思い出しました。

 

その人は、インド人なのですが、もう、70年くらい何も食べていないのではないでしょうか。

いま、調べたら、77年間でした。

 

僕は、その老人のことを、30年ぐらい前から知っています。

最初は「奇想天外」と、いう枠の中の存在だったのです。

半信半疑でしたから。

 

それから、数年して、アメリカの「ディスカバリーチャンネル」が、その老人にスポットを当てました。

 

「人間が何も食べないで生きてるわけがない。」

 

ディスカバリーのスタッフは、その老人の生活をくまなく写すために、あらゆるところにカメラを仕掛けました。

 

もちろん、トイレにも。

どこかで、何か必ず食べ物を摂取しているはずだと。

 

僕の記憶なので、曖昧ではありますが、約18日間ではなかったかな・・・。

 

老人は、回されているカメラの前で、何一つ口にしなかったのです。通常であれば、4日目を過ぎた辺りで、肌がかさついてくるはずだと・・・。何の変化も起こりませんでした。

 

「人間なんて、何も食べずに生きて行けるんだよ。」

 

老人が、笑って答えていたのが印象的でした。

スタッフは、老人の身体を調べるために、検診を行いましたが、

どこと言って身体の変調はありませんでした。

ただ、食事をしないわけですから、排泄もないわけです。

大腸から肛門にかけてが、退化しており、レントゲンで撮影すると、腸の末端が糸のようになっていました。

 

医者が言うには、

 

「信じられませんが、身体の中で光合成が行われているようです。」

 

なぜ、アメリカが興味を持ったか。

これを軍事として、利用しようという狙いがあったようです。

そうですよね。戦地に送られた兵士が、食料を必要としないのであれば、こんなに有利なことはありません。

 

終結果は、

 

「人間、誰もができることではない。これは、特別な人だけが行えること。」

 

と、いう調査結果を残しました。

 

世界には、本当に不思議な人がいるものです。

現在、そのような人は数人存在します。

 

その老人は、大好きな紅茶を口に浸す程度に飲むこと。そして、水を少々ということでした。

 

万年、ダイエットで脳を占領されてしまっているあなた。そして僕。

 

1/3で良いですから、これができないものですかね・・・。

 

何も食べなくとも、77年間、元気いっぱいなのですから。

 

何だか、遠いところに行っても、美味しいものを食べてみたくなりました。

行くんじゃん・・・。

 

ASKA